Spec住み心地

安心感は見えないところから

「安心感はどこで感じるの?」

例えば、中古マンションの購入を考えて不動産屋さんに行ったとします。
一般的に、不動産屋さんに行くと、担当の方から希望エリア・価格・間取等のヒアリングを受け、条件にマッチするマンションの提案を受けます。
「非常にきれいな状態なのでご安心ください」
「フローリング、クロスにデザイン性があり、非常にお洒落です」
「○○小学校、○○中学校、スーパーも近くにあり、便利な場所です」
「この場所でこの価格は、なかなか出ませんよ」
ここで購入を決意されるお客様も多数いらっしゃいます。

でも、よく考えてみてください。

皆様は、築十数年、もしくは20年以上経過しているマンションを購入し、数十年という期間、住宅ローンを払っていくのです。ご家族の命と財産を守る家を購入するというのは、大事業なのです。
仮に、築15年の中古住宅を購入し、10年が経過したとしましょう。お風呂を交換しなければならない、キッチンを交換しなければならないなどの事態が起きた時、どうされますか?
住宅ローンに加えて、更に数百万円の出費がのし掛かってきます。

上記の例の場合、購入するまでに15年、購入してから10年が経過していますので、実際は築後25年が経過していることになります。もちろん目に見えない配管も25年モノです。
25年と言えば、建築業界では劣化して壊れても仕方のない期間とされています。

右の写真は、築20年以上経過した中古マンションの配管です。

住んでからの「安心感」ってどこで感じるのでしょうか?

「安心感」は、見えないところに存在するのです。

築20年以上経過した中古マンションの配管

プラスリノベが推奨するスケルトンプラン

中古マンションの場合、一般的には築後2~30年程度で設備が老朽化し、性能が劣化していきます。
給排水管の中に錆が出る場合もあり、ご家族の健康面も懸念されます。
こういった問題を解消する為に、プラスリノベではスケルトンプランを推奨しています。

解体の様子

住戸内を解体(床・壁・天井を全て解体します。)

新品の配管・電気線に交換

劣化した配管・電気線を撤去し、新しい間取りに合わせて新品の配管・電気線に交換。

新品の配管・電気線

劣化した配管・電気線は、全て取り外し、新品に交換する事により、「安心感」が生まれます。

床レベル(高さ)を水平に調整

床レベル(高さ)を水平に調整し、段差を解消します。
二重床工事は、水平レベルを合わせると同時に遮音効果も生みます。

新しい間取りに合わせて、壁を起こします。

新しい間取りに合わせて、壁を起こします。

完成

フロアや壁紙を張り、キッチンなどの設備機器を入れて完成します。

モデルルームの見学予約はこちら